世界を × 鰯さん

鰯さんの イギリス・カナダ ワーホリ体験記 海外旅行お役立ち情報 

ロンドンワーホリ航空券の選び方

   

海外に行くときは飛行機を使うと思いますが、飛行機に乗るには航空券が必要です。

電車でいう切符みたいなものですね。

しかし、電車でもJR、京王、小田急、西武、東武などいろんな会社があるように、飛行機も同じで、たくさんの会社があります。

その中から自分にあったものを、どうやって選ぶか今回は書いていこうと思います。

エアライン・アライアンス(航空連合)で考える

まず、航空会社は大きく分けて三つの派閥に分かれていると考えて下さい。

航空連合 スターアライアンス ワンワールド スカイチーム
航空会社 ANA、アシアナ、中国国際

ルフトハンザ

トルコ

エアカナダ、ユナイテッド など

JAL

エアベルリン、ブリテッシュ・エアウェイズ

カタール

アメリカン、USエアウェイズ など

大韓

エールフランス、KLMオランダ、

アエロフロート

デルタ など

同じ派閥内なら、一つのマイレージクラブでマイルを貯めたり、使ったりできます。

例えば、ANAのマイレージクラブに入っていれば、ANAの飛行機に乗ればもちろん、ルフトハンザ航空やエアカナダを使っても、マイルが貯まります。また、トルコ航空を使って貯めたマイルをANAの国内航空券にすることも可能です。

鰯さんはANA派なので、航空券を買うときはその航空会社がスターアライアンスかどうかを真っ先に気にします。

ちなみに、最近人気の中東系の航空会社(エミレーツ、エティハド)はエア・アライアンスには加盟していませんが、航空会社同士で独自に提携しているので、マイルを貯めることができます。

エミレーツ航空はJAL、エティハド航空はANAでマイルが貯められます。

航空券は片道か往復か

休暇に海外に行くなら帰国日が決まっているので、往復の旅券を買えます。

でも、ワーキングホリデーとなると、滞在期間が長期になるし、帰国日もあやふやです。

特に、イギリスワーホリの場合、二年滞在可能なので、途中帰国の予定が無い方は、片道航空券を買ったほうがいいかなと思います。

オーストラリアやカナダなど滞在期間が一年だったり、一年以内に一回帰ってくるかもという方は、帰国日が変更可能な往復チケットがおすすめです。

鰯さんは最初、ANAのロングステイ割引の一年オープンチケットで渡英し、一年目に一時帰国しました。

二度目にイギリスに行くときは、ヴァージンアトランティック航空(2015年現在運行なし)の片道航空券で渡英。

帰ってくるときは、エティハド航空の片道航空券、アブダビ乗り継ぎで帰国しました。

安心、サービス良しの日系航空会社

日系の航空会社のチケットは安くはありません。

最安値でもロンドンまでは、10万円~15万円位だと思います。もちろんエコノミーの話です。鰯さんエコノミー以外乗ったことありませんから。(涙)

それでも、安心とサービス面から選ぶメリットはあると思います。

何かあったとき日本語が通じるスタッフがいるとか、ロンドンの空港のカウンターのスタッフも日本語が話せるなど、何かと便利で安心です。

サービスとしては、無料で預けられる荷物の個数が二個までOKな事とか、日系じゃないところはだいたい一個までな気がします。

荷物が多い方なんかは、結構重要なポイントかと思います。

あと、機内食がおいしいとか。(笑) これは、鰯さん的重要ポイントです。

あと日系は片道航空券の安いものが無いので、選ぶなら長期滞在用のものがおすすめです。

長期滞在用の航空券は、滞在期間が最長12ヶ月で、復路も無料で予約変更が出来ます。

ANA、JAL共に長期滞在用の航空券があります。

 

次回はスカイスキャナーという航空券比較サイトの使い方などを書きたいと思います。



 - 出発前 準備 , ,