世界を × 鰯さん

鰯さんの イギリス・カナダ ワーホリ体験記 海外旅行お役立ち情報 

イギリスのワーキングホリデー YMS(ユースモビリティースキーム)申請について

   

イギリスのワーキングホリデービザに相当する、Youth Mobility Scheme(ユースモビリティースキーム)。

このビザを取得して、鰯さんは2013年~2015年までロンドンで暮らしました。

イギリスのYMSビザは、2年間の就労、就学が可能です。

ですが、毎年1000人にしか発給されないという、幻のビザなのです。

しかも、第一次選考はEメールによる抽選です。頑張る余地もありません。(笑)

でも応募しないと当たらないので、まずは応募しましょう。

斯く言う私も、2回目の挑戦でYMSビザをゲットしたので、何回かははずれるという気持ちで挑んだほうがいいと思います。

取れなかった場合も考えておくと、次の行動が取りやすいですね。

まずはEメールで申請希望を出す

2015年度の概要が11月7日に発表されているので、2016年度も11月下旬までには出るかと思われます。

ビザの概要は毎年ころころ変わるのでしっかりチェックしましょう。

しかし、最近はEメールでの抽選が通例になっているので、その方法を書いておきます。(2015年度の方法になります。)

時間

日本時間 2015年1月5日月曜日12時 (正午) ~2015年1月7日水曜日12時 (正午) の間の48時間です。

宛先

YMS2015-APPOINTMENT@vfshelpline.com  に1通のみ送ります。

メールの題名

申請者の氏名(パスポートと同じ表記)、生年月日、及びパスポート番号を明記します。

例:Yamada Taro – 31/01/1990 – TH123456789

メールの本文

Name (名前)
Date of birth(生年月日)
Passport Number(パスポート番号)
Country to submit the application (申請手続きを行う国)
Home and mobile phone number (電話番号・携帯電話番号)

を明記します。
送信後、確認の自動返信が送られてきます。

受付期間終了後

1000名の申請者がランダム抽選で選ばれます。

1週間ほどで、抽選で選ばれた申請者に、申請可能通知、予約方法の詳細及びYouth Mobility Scheme ビザ申請に必要な書類に関するEメールが送られます。

抽選で選ばれた場合のみ、この申請可能通知のEメールを受け取ることができます。

 

と言う感じです。

見事当選した方々は、この後、申請必要書類を集め、ビザ申請センターに行き、ビザを申請します。

詳しくはロンドン留学センターに載っています。

鰯さんはイギリスとカナダのビザ申請を自力で行いましたが、

イギリスのYMSビザは、ワーホリビザの中でも、申請が複雑で取得までの手間がかかる方だと思います。

でも、しっかり調べて、ゆっくり確実にやれば、自力でもちゃんと申請できますので頑張りましょう!!

 

 

 - ワーホリ イギリス編, 出発前 準備 , ,